ホームセキュリティに使う機器の性能や形状駆け付ける警備員の制服など

ホームセキュリティに使う機器の性能や形状駆け付ける警備員の制服など

いろいろな事情でご自宅の警備の導入をお考えなら対象となるお宅の警備方法と警備料金を算出するため、セキュリティー業者に見積もりを取ります。業界最王手のSECOMやアルソックのコマーシャルはご覧になったことがあると思います。

しかし直に一社に電話をし、その会社だけに見積もりを任せてしまっては損をします。

確かにセコムやアルソックは、警備業界のダントツのツートップですが、ここで1社だけに絞ってご自宅の警備の見積を任せる事だけは止めておきましょう。

どうしてかというと、セコムとALSOKは特に競争意識が高いですが、他社もふくめ相御見積もりで競合指せると、価格は必ず安くなります。

セコムの提案が良いと思っていても、アルソックがその上を行って大幅値引きをすることもあります。

競合指せて複数社に御見積もり指せると、料金が安くなるだけでなく、自分の状況にあう提案が見つかります。

警備賞金は安いけどセンサー類が少なかったり、やたらいらないオプションを特価だと言って来たり、イロイロな警備パターンも検討出来ます。

どの警備会社も警備診断をして、見積もりを提出するまで無料ですから、各社数パターンの見積を出指せるのがいいでしょう。
営業マンが訪問してホームセキュリティの御見積をしても料金はかかりません。なんと、実際に契約を交わして、機器設置工事がおわり、警備開始してからでないと料金の請求書も来ません。

何度見積もりを出しなおしてもここまではすべて無料です。
契約したホームセキュリティーは、契約期間というものがあります。

ということなので、遠慮なく御見積について交渉するほうが良いのです。ホームセキュリティには、機器のお買い上げプランもあります。
お買い上げプランをチョイスされた場合、機械はすべてあなたのものです。お買取りプランで契約すれば、途中解約での解約金の心配はありません。少し話がそれましたが、見積もりまでは無料なのでじっくり検討しましょう。ホームセキュリティの見積をとろうとする場合、その会社のパンフレッドや標準価格帯がわかる資料をまず確認しましょう。いきなり営業マンを訪問指せると、むこうのペースで話が進められてしまいます。
ホームセキュリティの大手警備会社には、無料で資料を請求できます。
遅くても1週間以内には届くので、警備員の質や企業レベルなどがよくわかります。

何よりもあらかじめ見積を依頼する会社のことを予習出来るのが良いです。

ホームセキュリティーに使う機器の性能や形状、駆け付ける警備員の制服など、パンフレッドなどで知っておけば、営業マンの手の平で泳がされることを防ぎます。ご自宅の警備の資料請求で損をすることなんてありません。
監視センターの規模や対応力、警備員の数などを見積依頼の前に予習できるメリット(メリットばかり考えていると、思わぬ損をすることもあるでしょう)は計り知れません。

家族の安全や防犯面を考え、ホームセキュリティの業者を選定するとき、そのセキュリティー業者のガードマンの対応力や、セキュリティプランのラインナップは確認しておきましょう。

資料請求すると、そこに間取りごとの警備料金や工事代金も載っているので比較の参考になります。国内つつうらうらに駆け付けるガードマンを配置しているのはSECOMとアルソックだけです。
私的な意見を申し上げると、この二社の競合が一番だと思っていますが、念には念を入れて、その他のセキュリティー業者の資料も確認してみましょう。

「全日警」「関電SOS」「TOKYU SECURITY]という警備会社も、「セコム」「アルソック」と一緒に資料請求できます。各社の警備料金やプランなどが確認できた段階で二社から三社に御見積もり依頼をします。複数の警備会社に相見積もりを取ることで工事代や月額警備料金も安くなり、警備プランも向上する可能性があります。
資料やパンフレットに載っているのは定価ベースなので、絶対に相見積もりを行って下さい。

こちらもおすすめな内容⇒ ホームセキュリティの必要性!メリット・デメリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です